、、高下論は“行って来い”の型にはまった論拠である。